日輪フレームパック工法

断熱複合屋根

折板で断熱材をはさみこむことで、高い断熱性と遮音性が得られます。
軽量であるため大スパンが可能な断熱屋根工法です。

屋根30分耐火
HHタイプ 認定番号 FP030RF-1376
CHタイプ 認定番号 FP030RF-9315

日輪フレームパック工法
断面形状
「日輪フレームパック工法」断面形状
クリックで拡大
製品規格

[HHタイプ]

折板 日輪折板馳2型
コイル幅 762mm
板厚 上葺:0.8〜1.0mm
下葺:0.6〜1.0mm

[CHタイプ]

折板 日輪折板キャップ500
コイル幅 溝板:724mm
キャップ:170mm
板厚 上葺:0.8〜1.0mm
下葺:0.6〜1.0mm

[共通]

使用材料 各種鋼板(GL生地・カラー・フッ素等)
断熱材 ポリ袋入りグラスウール t=100 10kg/m3(標準)
断熱金具 t=3.0 スチールボディ+ABS樹脂
推奨屋根勾配 3/100以上
リブ付 上下共リブ付け可(HHタイプ)
さざ波付 上下共さざ波付け可
軒先 納め例
軒先 納め例
クリックで拡大
けらば 納め例
けらば 納め例
クリックで拡大
棟 納め例
棟 納め例
クリックで拡大
棟 納め例

閉じる